ぎっくり腰

重たい家具を持ち上げるには?

重たい家具を持ち上げるときにオススメするのはラクラクヘルパーセット、水平への移動が楽です。階段を上るときにはキャリーラクダ、タイヤ付の運搬台車や背負子、車への積載に便利なスロープなどがあります。

大きな家具運びでオススメするのはラクラクヘルパーセット

ぎっくり腰専門整体院のアークス整体院ともうします。さて、本日は大きな家具をどうやったら楽に持ち運びできるのか?についてお話させていただきたいと思います。

結論から申し上げますとこのようなラクラクヘルパーセットがオススメです。

テコの力で家具を持ち上げて、車輪を挟んで動かす。

ではこのラクラクヘルパーセットは家具をどのように持ち上げて運ぶのか?と申しますと、テコの力を利用して家具を持ち上げて、そして車輪を家具の下に挟んで水平に転がしながら移動することを可能にしますので、非力な方でも楽に家具を持ち上げて運ぶことができます。したがって腰を痛めたりぎっくり腰になることを防止できます。

階段の上り下りでおすすめするのはキャリーラクダ

水平に移動するときにはラクラクヘルパーセットがおすすめできます。しかし、もしも重たいものを階段を使って移動するときにはどうしたら良いのかと申しますと、そのときにはキャリーラクダを使って運搬していただければ全身の力で荷物を持ち上げることができますので、非常に楽に持ち上げることができます。

キャリーラクダは二人で荷物を安定して運ぶことができます。従来の運び方は腕の力で家具を持ち上げますので、持ち上げられる重量に限度がありましたが、腕の力を使わずに全身の力で持ち上げられますのでかなりの重量物でも楽に安定して持ち運ぶことができるのです。

運搬台車

また家具などを運ぶときには、テコの力で持ち上げて、なおかつタイヤで動かすという点では、下図のような運搬台車もオススメできます。

背負子と台車の一体型

また、以下のようなキャリー台車と背負子が一体型となった荷物運びの道具もありますので、テレビや冷蔵庫ぐらいでしたらこれでいける可能性があります。

絶対に避けられない車への積載はスロープを

上記のような便利アイテムは確かに助かりますが、やはり一番の難所は車への積載だと思います。引越し用の車両などレンタカーで半日4〜5万円のトラックを借りればリフトが装備されておりますが、やはり日常的に重たいものを持ち運ぶ場合には軽トラックなどリフトの無いものを用いることになります。その場合は車への積載のときにどうしても持ち上げる手間が生じてしまいます。

このようなときには積載するために便利なアイテムはスロープです。

このような物があれば台車などに乗せたまま運ぶことができるはずです。いろいろと活用してみてください。

皆様のお体が少しでも改善されるために

ぎっくり腰の出張整体を東京都の新宿区、渋谷区、池袋、港区、銀座などを中心に緊急処置しております。
症状の改善のために

ギックリ腰雑学第2集

重たい家具を持上げるには?

ワンダーコアとワンダーコアスマートならどっちが腰痛治療に良い?

腰に負担が掛からないお皿洗いの方法

反り腰改善のために

腰に良い寝方の秘訣

腰を痛めずにお子様を自転車に乗せる

腰曲がり対策

慢性腰痛克服にはハムストリングスを伸ばそう

妊娠中のぎっくり腰対策は?

なりふり構わず治したい方へ

腰部の温熱治療

高齢者の姿勢矯正・曲がった腰の改善

慢性腰痛が治らないと嘆く人が陥っていること

座っているだけなのに腰が痛くなる原因

腰が曲がる人と曲がらない人の違い

介護者の腰痛治療法

反り腰に腹筋マシンは?

椎間板ヘルニアで勤めることが出来ないなら

総合案内

腰痛論

ぎっくり腰雑学第1集

〃第2集

〃第3集

東京都

090-2413-0651

豊島区 ぎっくり腰

池袋 ぎっくり腰

ぎっくり腰