ぎっくり腰

アイシングについて

患部を冷やす本当の狙いは何なのか知ろう!!

どんな文献でも治療法の筆頭になるのがアイシング

整体師をしていると、「痛いときは冷やしたほうがいいのですか?」という質問を受けることがある。そして、腰痛についての本を読むと、代表的な治療方法の筆頭にアイシングが登場する。痛いときにはまずは冷やせという教えはどの本でも言われるほどの通説になっているのだ。

なぜ冷やすことが良いのか?

しかし、なぜ冷やすことが良いのかはご存じだろうか!?確かに痛いところに氷を当てたり、冷水をかけると痛みが紛れるだろう。腫れが起こっているところに氷を当てることで炎症が抑えられ、腫れが引くことも既に経験済みであることと思う。肝心なことは、それが起こる理由なのである。

炎症反応は敵を倒すための免疫反応

そもそもこの炎症反応は、ウィルスなど外敵を退治するために、白血球などの免疫細胞が敵を捕らえて退治するときに生じる熱(化学反応)のことである。この熱がウィルスをやっつける作用を持っているのである。

炎症反応は回復よりも殺菌を優先する

しかし、それは、同時に血液中の浸透圧を変化させ、負傷部位への栄養供給を阻害して治癒を遅らせてしまうのだ。つまり、回復よりも、殺菌(防衛)を優先させることにつながる。

殺す菌が存在しなければ炎症を抑えることが良い

しかし、明らかに大きな解放創がなければ、ウィルスの侵入はあり得ない。こういったときに限り、回復を優先化させるために炎症反応を意図的に抑えるのである。

細菌がいなくても炎症反応が生じるのは非自己を排除するため、非自己とは死んだ自己組織も含まれる

創がなくても炎症反応が起こってしまうのは何故か?それは、ダメージを負ったときには、障害部位から細胞の破片などが剥離されるからで、今まで自己組織の一部であっても、細胞が死を迎えると、非自己として免疫細胞から認識されるからである。トレーニングした後に筋肉が腫れてしまうのも同様の原理である。

出血を伴うときは冷却してはならず

ここで注意していただきたいことは、出血を伴うような創傷がある部位は、冷却してはならないということである。これは、免疫活動を妨げ、感染症の原因となってしまう。ただし、キレイな水で傷口を洗浄することは不可欠である。

炎症がなければアイシングしても意味はなく

逆に言うと炎症の無い慢性的な腰痛ではアイシングする意味・メリットは特にないと言えるだろう。逆に冷やすことが血管を収縮させて治癒を遅らせてしまう。ただし、患部に冷たい感覚を与えることによるリラクゼーション作用は大いに期待できる。しかし、温めることにもリラクゼーション作用はあるため、慢性的なものは温めることで血流を促進させたほうが治癒を促すことに貢献するだろう。

皆様のお体が少しでも改善されるために

ぎっくり腰の出張整体を東京都の新宿区、渋谷区、池袋、港区、銀座などを中心に緊急処置しております。

症状の改善のために

  1. 腰痛対処1|絶対安静の是非
  2. 腰痛対処2|アイシングの是非
  3. 腰痛対処3|温熱の是非
  4. 腰痛対処4|シップ(貼り薬)の是非
  5. 腰痛対処5|入浴で気をつけること。

腰痛対処1|絶対安静の是非

腰痛対処2|アイシングの是非

腰痛対処3|温熱の是非

腰痛対処4|シップ(貼り薬)の是非

腰痛対処5|入浴で気をつけること。

総合案内

腰痛論

ぎっくり腰第1集

〃第2集

〃第3集

症状別

雑学

お尻の痛み雑学

〃A

ぎっくり腰雑学G

〃H

腰部の解剖学

原因

筋膜性腰痛症のタイプ

対処法

アプローチどんなアプローチが適切なのか?

検査

参考ページ

サイトマップ

東京都

090-2413-0651

豊島区 ぎっくり腰

池袋 ぎっくり腰

ぎっくり腰

総合案内     腰痛論     ぎっくり腰第1集     第2集     第3集